わたしはなんどいや。

男(24)。書きたいことをただ書く。見てもらえれば嬉しいなという思いから。

そういや昔あったアクセスカウンター、なんでなくなったん?

どうも。

なんどいやと申します。

関西で生まれ育った純関西人(24)でございます。

 

数度目の初投稿。

これまで「さぁブログというものをやってみよう。テーマは何にしよう。あれかな、これかな。」

と悩んでは続かない。

そんなことを繰り返して数記事書いては削除して最初から。

 

自分の性格を無視してそんなことをしてはいけない。

どちらかと言えば続かない方なんだから、書きたいなぁを書こうよ。

書きたいんだもんな。

 

 

さぁ生まれ変わったブログに初投稿。

タイトルは

「そういや昔あったアクセスカウンター、なんでなくなったん?」

 

24歳になるけども高校生当時

mixi、デコログ、簡易HP

このあたりに皆でどハマりしてたのを覚えてる。

 

mixiはちょっと外れてるけどデコログや簡易HPにはみんな置いてたよね

「アクセスカウンター」。

 

キリ番なんて言葉があって、自分が訪問100人目だったり777人目だったり

要はキリのいい数字がアクセスカウンターに表示されていれば

キリ番報告掲示板なるものに

「777番get〜〜!!」

みたいな書き込みをする。

 

日々の自分のHPのアクセス数を見ては一喜一憂する。

 

嗚呼懐かしい。

 

そうでなくても芸能人や有名人のHPを見てはキリのいい数字を狙っちゃう

なんてことは皆身に覚えがありそうなもんで。

 

ちなみに年齢が三つしたの子にキリ番って知ってる?

って聞いたらなんですかそれと言われてしまった。

この歳でそんなジェネレーションギャップくらわされるとしんどい。

 

 

話はそれましたが

で、なんでこれなくなったんやろうか?

ってお話。

 

 

 

『1』最初に思いつくのはSNSの普及。

mixiから始まってTwitter,Facebookとかそんなもんかな。

Facebookが流行りだした頃にはアクセスカウンターなんてとっくに消え去ってたか。

SNSってすごく簡単にコミュニケーションが取れる。

 

当時アクセスカウンターなんてものが存在してた時には、人との連絡手段って電話かメールの二択だった。

それこそちょっと顔の広い地元の有名人みたいな子に連絡するなんてのはとてもじゃないけど...みたいな状況があったりした。

そこにアクセスカウンターの登場。

キリ番さえ踏めば、そんな子に「唯一○○番目にHPを見た人」として認知してもらえる。

しかもキリ番掲示板に投稿すれば、返信だってもらえる。

これって意外と嬉しいことだったりする。

 

ここまで極端なことを言わずとも今思えば

キリ番掲示板ってのは一つのコミュニケーションツールとして動いてたように感じる。

昔仲良くて最近会えてないなーって人同士で

「○○番踏んだ!」「ありがとう!また遊ぼ!メールする!」

なんてのがめちゃくちゃ多かった。

 

今やTwitterに日々何気ないツイートが流れてきては、何気なくリプライを飛ばす。

「帰省なう」「お!久々に会お!LINEする!」

同じようでちょっと違うような。伝われ。

 

 

『2』アフィリエイトの存在

これは上のSNSの話の続きでもあるけども、

今や「ブログやってるねん。」なんて話せばチラッとアフィリエイトって単語が浮かぶ

「ブログなんてしなくてもTwitterで、Facebookでいいやん。」

って人が大多数になってるから。

ブログやってるやつはひねくれてるやつ、賢いやつ、金稼ぎでやってるやつ

みたいなイメージがある。言い過ぎじゃないんじゃないでしょうか。

 

アフィリエイトに関して明るくないので適当なことを書いてしまうかもしれないけれど

要はアクセス数ってやらしい感じしまへんか?

ってお話です。

アクセス数が少なからず稼ぎに繋がるブログにアクセス数が表示されてる。

しかもトップページに。ってなるとちょっとやらしいよね。

 

ないほうがえぇわ・・・

でブログにアクセスカウンターを設置しなくなった人も少なからずいるんじゃないかな。と。

 

 

こんな風にアクセスカウンターってなくなっていっちゃたんじゃないかなぁ

というお話でした。

 

個人的にはキリ番文化が好きで、キリ番みると心踊るのですこし寂しい。

 

 

以上。ふと考えてふと投稿したくなったブログ初投稿でした。

これからこんな風にふと思ったこと書いていきたいなぁ

と思ってはいますが、急に好きな音楽を紹介したり写真投稿したりするかもしれない。

 

好きな頻度で好きなようにできたらいいよね。

自分が好きでやってるブログなんだもの。

 

 

なんどいやでした。